FC2ブログ
2019・08
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
2010/03/01 (Mon) 贈る言葉

困ったときに助けてくれる、おなじみのグーグル。
これに「夫」と打ってスペースキーを押すと・・・・

皆さんが検索に使用したキーワードが多い順番に表示されます。


夫 嫌い
夫 小遣い 平均
夫 死亡 手続き
夫 しんでほしい
夫 死ね
夫 失業

とまあ、凄い言葉の羅列になります。

では「妻」と打ってみると、「妻 プレゼント・・・」の言葉がずらり。

この対照的な結果にはびっくりさせられます。
人それぞれ、結婚に対する価値観は違うと思いますが、
独身のボクには分からないこともたくさん・・・。



同じ歳で、独身だった遊び友達(男)が、
何を血迷ったのか結婚することになりました。

謹んでお祝いの言葉を贈ろうと思います。

---------------------------------------

「独身者とは妻を見つけないことに成功した男である」(アンドレ・プレヴォー)

「裕福な独身者には重税が課されるべきであろう。ある人間が他人よりも幸福であるというのは不公平だ」(オスカー・ワイルド)

「女を腕の中に抱くと、やがて腕にぶらさがられ、そのうち背負うことになる」(サシャ・ギトリー)

「女たちは私には象と同じように思える。眺めるのは好きだが家に欲しいとは思わない」(W・C・フィールズ)

「私は男でなくて幸せだ。もし男だったら、女と結婚しなければならないだろうから」(スタール夫人)

「結婚した人々の唯一の楽しみは、他人の結婚に立ち会うことである……悪魔的な楽しみだ」(ラモン・ゴメス・ド・ラ・セルナ)

「離婚の動機ですって? ありますとも、弁護士さん、私が結婚しているということです」(エミール・ポラック弁護士)

「人は判断力の欠如によって結婚し、忍耐力の欠如によって離婚し、記憶力の欠如によって再婚する」(アルマン・サラクルー)

「頭のいい男は良い夫ではありえない、なぜなら彼らは結婚しないから」(アンリ・ド・モンテルラン)

「女たちを知れば知るほど、私は自分の手の方をいとおしく思う」(ショロン)

「男はみんな賭博師だ。でなきゃ結婚なんてしやしない」(フレデリック・リット)

「結婚をしばしば宝くじにたとえるが、それは誤りだ。宝くじなら当たることもあるのだから」
「夫が妻にとって大事なのは、ただ夫が留守の時だけである」(ドストエフスキー)

「一人でいるとき、女たちがどんなふうに時間をつぶすものか。もしそれを男たちが知ったら、男たちは決して結婚なんてしないだろう」(O・ヘンリー)

「三週間互いに研究しあい、三ヶ月間愛し合い、三年間喧嘩をし、三十年間我慢しあう。そして子供達が同じことをまた始める」(テーヌ)

「恋は人を盲目にするが、結婚は視力を戻してくれる」(リヒテンベルグ)

「ウェディングケーキはこの世で最も危険な食べ物である」(アメリカの諺)

非エロ日記 | trackback(0) | comment(2) |


2009/07/15 (Wed) 昼の顔と夜の顔

さて、アメリカの田舎町でのんびり(怠惰に?)過ごしたあと、本来の仕事場であるマンハッタンに戻ってきました。カラダではなく、気持ちが引き締まります。

今日のマンハッタンは快晴。気温もちょうどいい感じでした。この写真は、今日、このビルで大きなプロジェクトのプレゼンをこなし、意気揚々と引き揚げるときに撮った写真です。仕事の出来はともかく、不況に喘ぐアメリカでもここら辺りはかなり活気があるなぁといった印象です。

昼の顔


さて、夜がやってきました。この写真もマンハッタンなのですが、別に淫らな写真ではありません。一見、綺麗な夜景なんですが、夜な夜な紳士淑女が集まってひそひそと秘め事を楽しむ街でもあります。

夜の顔



同じ街でも昼の顔、夜の顔があったりします。それが楽しいし、好きなんですが、人もまた同じです。昼間の彼・彼女は夜の彼・彼女とは違うんです。昼と夜、表と裏(傘じゃなく・・・)、その違いが大きければ大きいほど、僕には魅力的だったりします。

たとえばこれ。本当の僕とは違います(ちんこ内メーカーより)。

本当の自分


非エロ日記 | trackback(0) | comment(0) |


2009/06/15 (Mon) 性感エステ

南の国に来て、早や1週間が経とうとしています。


昨日、所謂エステ(健全なやつです!)というものに行ったのですが、最後の仕上げがアロマオイルマッサージってやつでした。僕は全裸でうつ伏せになったり仰向けになったりのマグロ状態。淫乱淫乱というアロマ(嘘)はとても気持ちよく、ちょっと油断すると簡単に寝落ちしてしまいそうでした。マッサージ嬢は若く美しく、そして淫蕩な雰囲気のエキゾチックな子・・・が2人(ここがGS!)。その彼女たちが左右連動というシンクロナイズして全身を舐め廻す(嘘)わけですから、簡単に寝ちゃってはMOTTAINAIなわけです。

全身をくまなくマッサージされていると、自分のどの部位が敏感なのかが分かって面白かったです。『性感』とまでは逝かないまでも、『心地いい』くらいには感じるわけです、いくら鈍感な僕でも。



『肌が合う』というような表現をされることってあると思います。触れられただけで、なぜかゾクゾクとする感触が来たり、あるいはそれ以上の快感が襲ってきたりとか。僕の場合は、普段、カップル喫茶なんかでバスタオル1枚だけのコミュニケーションをしているときに、何気なく、性器以外のある部位(ドコダ?)を指先が滑るとき、『あ、この貴女(ひと)は上手だな』と瞬時に思うものです。予感させるというか。。。意識しているのかしてないのか、その『性感未満』の感覚を会得している女性とはきっと『肌が合う』んじゃないかと思うのです。指先だけの、単なる皮膚感覚なはずなのに、その先にある粘膜摩擦(略)をも連想させるような感覚ってとってもイヤラシイなと思ったりします。

そういえば、小陰唇と口唇って、組織細胞が近似なんだそうですね。だからなのか、キスの感覚、口唇に受ける粘膜感覚って何かを連想させるんじゃないでしょうか(男性!)。とすると、キスの際に舌を絡ませる感覚というのは一体なんでしょう? ここ南国で、昔、ライチの実を食べた女性が、ふふふと含み笑いをしたのを思い出しました。何かに似ているんでしょうね(女性!)。

と、アホなことを夜中に考えてます。


非エロ日記 | trackback(0) | comment(0) |


2009/06/08 (Mon) チンコの話

チンコの大きさに満足している女性は85%

アメリカで行われた50,000人を対象にしたアンケートでアメリカ女性の85%はパートナーのペニスの大きさに満足しているという結果がでている。

ちなみにアメリカ人の話です。


男性の約半数は「粗チン症候群」

男性に「自分のペニスに満足しているか?」とアンケートしたところ、45%の人が「満足していない」と答えている。それらを「スモール・ペニス・シンドローム」と呼んだりする。日本語にして「粗チン症候群」

ちなみに上記のアンケート結果からみても、さほど気にする必要はないらしい。


哺乳類で最も小さなチンコはヨーロッパトガリネズミ

ヨーロッパトガリネズミのペニスは「5ミリ」しかなく、これは現在生存する哺乳類の中でももっとも小さいとされている。

ちなみにだからといってヨーロッパトガリネズミはスモール・ペニス・シンドロームではない。


哺乳類で最も大きなチンコはシロナガスクジラ

男なら誰でも羨ましがるであろう、哺乳類ナンバー1のペニスを持つのはシロナガスクジラ。その大きさは2メートル超える。

ペニスだけで人の大きさを超える。

誰もこのお方に逆らえるわけがない。


人間のチンコは霊長類の中でも意外と大きいほう

それぞれ勃起時の大きさは

ゴリラ 3cm
オラウータン 4cm
チンパンジー 8cm
ボノボ 14cm
ヒト 15cm

メスは大きなペニスを持つオスを好み、より大きいペニスを持つオスの遺伝子が残ってきたという説がある。

ちなみにボノボはオナニーもするしフェラもする。

非エロ日記 | trackback(0) | comment(0) |


2009/01/02 (Fri) 新年のご挨拶

明けましておめでとうございます!
本年も宜しくお願いします。



■今年はどういう1年になるんでしょう。世間では景気後退が懸念されていますが、遊びの世界においても必ずやその影響はあるわけです。遊びに使える予算が減ったり、回数が減ったり、そしてその結果、遊び場そのものが閉店に追い込まれたりもするかもしれません。遊びに流行り廃りがあるのは仕方の無いこと。それを嘆くよりも、出来る範囲で無理なく遊ぶことのほうが大事なんだと思います。GSという遊びは遊びであるうちがいいんだろうと思います。これ、本気でのめり込んだらギャンブルよりタチが悪いことになりそうですからねw

■去年、ハプバーなどの遊び場で「趣味は?」と訊かれるたびに冗談で「男女交際です」と答えていました。これが去年のテーマでもありました。さて、今年はどういうテーマでGSに向き合おうか・・・。いま、それをゆっくりと考えています。

非エロ日記 | trackback(0) | comment(0) |


| TOP | next >>

自己紹介

直樹

Author:直樹

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

FC2カウンター

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

気軽にどうぞ!

月別アーカイブ