FC2ブログ
2019・01
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2009/12/10 (Thu) CAさんと・・・

JALがヤバい・・・という報道を目にすることが多くなってます。
確かにサービスの低下とか、目に付くこともしばしばあります。
まあ、かといってANAがJALより特別優れているとも思えませんが・・・。

海外に出かけることが多い出張族には、JAL派、ANA派、外資派に分かれるようで、
ボクはどちらかと言えばJAL派になるのかなと。
理由はJALしか直行便が飛んでない国や都市があって、
かつてそこでの仕事が多かったから、です。



以前、某国にJALで着いた後、すぐにホテルに向かい、部屋で休んでいました。
そのホテルはJALのクルーが宿泊するホテルでもありました。
チェックインから30分くらいたったとき、部屋の電話が鳴りました。
すると甘ったるい女性の声で、


「ねぇ〇〇さーん、いつまで待たせる気なのー? 私もう我慢できないの・・・」


この〇〇はボクの本名です。
きっとフロントに問い合わせ、偶然同じ苗字だったので間違えたんだと思われます。
つまり、この〇〇さんという男性クルーは、たった今、ホテルに到着し、
それを他の女性クルーである電話の主がずっと待っていたんだと・・・。
あ、ちなみにクルーは一旦チェックインすると、次の帰国便までの間、
何日かホテルで待機するんです。


これはオモシロい! って思ったボクは冗談で、


「ゴメンゴメン、今すぐ行くからさ」


と答えました。






が、




次の瞬間、電話を切られましたwww
きっと声とか話し方が全然違ったんでしょうね。




かと思えば、これもずっと以前、ニューヨークから某国までの夜行便でこんなことがありました。
その航空会社はアメリカ系の会社で、担当のCA・FA(いわゆるスッチー)は小柄な金髪の女性でした。
客室内はガラガラで、数えるほどしか乗客はいませんでした。

夜中の3時過ぎになると、大抵の乗客は寝てしまっていて、ボクだけ起きて本を読んでいました。
するとこのCA女性が近寄ってきて、言いました。


「ねえ、退屈だから少しお話しませんか?」


いやボクは全然退屈してないし、普通、逆だろーとか思ったのですが、
まあいいやと思い、いいですよーと。
するといきなりボクの隣に座って、シャンパン片手にあれこれと話しだしました。
まあ内容は他愛もない、恋愛相談というか「彼氏への愚痴」でした。


やがて話しも終わり、飛行機は着陸態勢に。
するとまた彼女が寄ってきて、ボクの到着地の某国での滞在先(ホテル名)を訊いてきました。
適当にはぐらかすと、彼女からメモを手渡されました。


「着陸してから見てね・・・」


と耳元で囁かれました。

で、着陸後にメモを見てみると、そこには彼女の滞在ホテル名と携帯電話番号が・・・。
この後、ボクとそのCAさんがOne Worldアライアンスになったかどうかは内緒です。



古今東西、積極的な女性っているものですねーっていう話ではなく、
「瓢箪から駒」あるいは「棚からぼた餅」って話でもなく、
何が言いたいかっていうと、要するに、


JAL、頑張れ!


でした。


単にマイルが心配なだけ、という説がwwww

回想録 | trackback(0) | comment(0) |


<<CAさんと人妻さん | TOP | 乱交サークル、主催者の悩み>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://seikatsucho.blog50.fc2.com/tb.php/417-4690007b

| TOP |

自己紹介

直樹

Author:直樹

カレンダー

12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

FC2カウンター

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

気軽にどうぞ!

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。