FC2ブログ
2019・04
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2010/11/16 (Tue) 同じ乱交パーティーでも違いがあるんです

先週の土曜日、あの伝説のクラブ “Moderns”は見事に、そしてひっそりと復活しました。わずか12時間だけの幻のような復活祭は、相変わらずの淫靡で淫蕩な盛り上がりを見せていました。あの場に集い、時間を共有した数十名の方々は、伝説を目の当たりにしたことになるわけです。

そして昨日、某所に集まった紳士淑女。それほど多くはなかったにもかかわらず、その淫靡さにおいては前日の催しを凌駕するものでした。全員が顔見知りというメンバー構成がもたらす安心感、かといって慣れ合いがもたらしがちな陳腐化とは無縁の夜宴。大人の男女の夜遊びとはかくあるべし、といった様相でした。

そして今日は、静まり返ったホテルの1室で、甘く切ない喘ぎが静かに漂っていました。

3P、輪姦、乱交、スワップという、GSの代表的な4種、そのうち、同じ乱交でも上記のように数十人もの規模で行われる場合と、十人前後で行うもの、そして数名で行うものとでは全く違った遊び方、楽しみ方になります。どれが一番いいとか、そういった優劣ではなく、それぞれに遊び方が違う分、楽しみも大きく違います。


例えば大規模な多人数による乱交パーティーの場合、気に入ったお相手が見つかり、2人の間にそういった空気が流れ始めれば、どちらともなくプレイへと進み、やがて一段落したところで、再びラウンジスペース等に戻ってきます。そしてまた、違う相手との会話を楽しみ、もしかしたらそれが次のプレイへと繋がるわけです。つまり、人は多くても、プレイそのものは2人きりという場合がほとんどになります。

十名前後の小さなパーティーの場合、他者との距離感はもっと濃密なものになります。プレイへと流れた2人は、プレイルームにいる他の男女とも絡む可能性があるからです。つまり、人数は少なくても、プレイそのものは2人きりでなくなることもある、ということになります。

これが数名で行う乱交の場合、もっと濃密になると言いますか、極端に言えば、2人だけでまったりと楽しむことのほうが少ないくらいになります。

これらは好みの問題であり、自分の遊び方のスタイルとの相性でもあります。できれば様々なスタイルで遊んでから、好き嫌いを判断してもらいたいものです。

複数セックス日記 | trackback(0) | comment(0) |


<<久しぶりのカップル喫茶 | TOP | グループセックスと恋愛について>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://seikatsucho.blog50.fc2.com/tb.php/470-e2e7262c

| TOP |

自己紹介

直樹

Author:直樹

カレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

FC2カウンター

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

気軽にどうぞ!

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。